患者さんが望む形で、適切な医療を。 患者さんが望む形で、適切な医療を。

岡山県倉敷市の「訪問診療専門 グリーン在宅クリニック」は、その名の通り訪問診療専門のクリニックです。
患者さんやご家族の「住み慣れた場所で暮らしたい」という想いを叶えるために、病院に通院・入院するのではなく、患者さんのご自宅に医師が訪問する形をとっています。患者さんの病状にあわせて計画を立てて医師が訪問し、ご自宅での診療・治療・薬の処方や療養上のアドバイス等を行うことが可能です。
「本当は家に居たいけど、通院が難しいから入院をしている」「出来ることなら、家で家族と過ごしたい」そのような患者さんとたくさんお会いしてきました。患者さんが望む形で適切な医療を受けられること、それがグリーン在宅クリニックの願いです。

ここが知りたい!グリーン在宅クリニックの訪問診療 ここが知りたい!グリーン在宅クリニックの訪問診療

  • point1

    通院が困難な患者さん全員が対象です

    訪問診療の対象となるのは、地域の通院困難な患者さん全員です。
    患者さんの年齢や病気・障害の種類に関係なく、訪問診療という選択が可能です。

  • point2

    緊急時の対応も行っております

    定期的な訪問診療を中心としておりますが、急な症状の変化など緊急時の相談・訪問も、24時間365日対応しておりますのでご安心ください。

  • point3

    各種健康保険が訪問診療も適用されます

    各種健康保険が適用されるため、入院・通院時と同じ負担割合となります。詳しくは、事前に個別のご説明をさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

新着情報新着情報を全て見る

  • 2022.08.05最近、ピアノにはまっています

    院長の國末です。
    私は3歳ごろからピアノを習い始めました。というのも私の母は高校の音楽教師だったので、母がピアノの先生となり、習わされました。
    毎年、春頃に演目を決め、練習に励み(この間だけ熱中)、夏の発表会で演奏し、それが終わると次の春まで惰性で練習、というのを繰り返していました。高校生になるとラグビーにハマってしまったので、ピアノから遠ざかってしまいました。
    しかし、大学3年生くらいで、なぜだか弾きたくなり、バイトで貯めたお金で電子ピアノを購入しました。それ以降、“気が向けば弾く”、を繰り返しましたが、最近では1日10分程度の練習が日課となっていました。曲目はほとんどがクラシックで、時にポピュラー、ジャズでした。
    今年の5月に、とある会で自己紹介する機会があり、ラグビー、ゴルフに加えて一応ピアノも趣味であることをしゃべったのですが、それを聞かれていた医師会の先生が、「医師会のバンドに来て、キーボードをしてくれないか?」と言われ、二つ返事で引き受けました。
    さっそくキーボードを購入し、バンドの練習に参加しました。ギター、ベース、ドラム、サックス、フルートなど皆さんと合わせながらの演奏です。コードに沿って、皆さんそれぞれ自由に演奏されます。コードとは「和音」のことです。「和音」は「音の重なり」のことで、複数の音が同時に鳴っている状態のことを指します。
    コードの決まりさえ守れば、あとは自由に演奏します。この練習に参加する前までは、ピアノは、“楽譜通りに間違えずに弾いて、表現したものを皆さんに聞いてもらうものだ”と思い込んでいました。「間違えずに弾く」というのが、私にとってとてもハードルが高く、またみなさんの前で弾くことはなかったので、ピアノを練習するモチベーションがさほど上がりませんでした。
    しかし、今は、コードに沿って自由に弾いているので、毎回リズムが変わるし、表現がどんどん変わっていき、とても楽しい。また合奏している心地よさもあります。完全にハマりました! 毎日の練習が楽しくてたまりません!
    音楽は「音を楽しむ」と書きますが、まさに楽しむことなんだ、と再発見しています。これらが影響しているのかどうかは分かりませんが、最近、診察中でも歌を歌われる方が多いです。みなさん気持ちよさそうに歌われています。我々も知っている歌だと、一緒に歌って、ハモります。それもまた訪問診療の楽しさの一つです。

  • 2022.07.01「0から学ぶ&復習する!訪問診療の基本」WEB研修会のお知らせ

    この度、訪問診療についての研修会を企画させて頂きました。WEB開催となっておりますので、パソコンやスマートフォンがあれば、どなたでも参加していただけます。
    当クリニックの院長が、訪問診療の初歩的な内容から丁寧に解説します。皆様のお申し込みをお待ちしております。

  • 2022.07.01新医師着任のお知らせ

    2022年7月1日より、近藤 裕文(こんどう ひろふみ)医師が加わりました。
    [自己紹介]
    今春まで血液内科を中心に内科医として勤めておりました。
    患者様、御家族様、御施設の方の声にしっかり耳を傾け、皆様が幸せになれる医療を提供できるよう努めてまいります。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2022.04.11機能強化型在宅療養支援診療所になりました!

    4月を迎え、桜の見頃は儚く、次々と瑞々しい緑の葉が見られるようになってきました。特に春は季節の移り変わりを早く感じます。

    さて、当院は令和4年4月1日から機能強化型在宅療養支援診療所(連携型)となりました。
    質の高い在宅医療を提供していることが認められ、24時間365日の診療体制はもちろん、医療法人天和会松田病院およびルスコクリニックと連携体制を整え、これまで以上に在宅療養の支援体制が強化されました。

    新入職員も増え、さらにパワーアップしたグリーン在宅クリニックは、さらに皆さまのご要望にお応えできるよう取り組んで参ります!